障害年金請求サポートの内容について

1. 障害年金は一発勝負!

1回目の審査で認定されなかった場合、不服申立てのチャンスが2回ありますが、
不服申立てで決定が覆るのは、たった15%ですので、1回目の申請が非常に重要になります。

2. 丸投げOK!

面倒な申請手続きはすべてお任せください。まずはお気軽にご相談を!

3. 適正な診断書の入手に全力投球!

詳細な資料を付けて過不足のない診断書の取得を目指します(独自ノウハウ)。

具体的には以下の通りです。

ご相談・アドバイス

相談者の立場に立ち、
親身になって丁寧に聞き取りします。

  • 障害年金の基本的な制度の説明
  • 障害年金請求についての個別具体的なあらゆる相談
  • 受給資格・要件の確認

書類の
取り寄せ・代行作成・
受取り代行

障害年金の申請書類は種類が多く、専門的です。
それらの煩雑な書類を聞き取りや調査を実施して
正確な書類を手作りし代行で作成します。

  • 申請書類の取り寄せ
  • 「受診状況等証明書」の取得(初診日の証明)
  • 診断書の記入内容のアドバイスと点検
  • 状況に応じて、医師への診断書等証明書の作成依頼書の作成
    または、状況に応じて診療に同行して医師へ診断書作成の依頼
  • 状況に応じて、上記医師の診断書の受取り代行
  • 「病歴・就労状況等申立書」等、上記請求に係る申立書原案の作成
  • 「障害年金請求書」の作成と提出書類の点検

行政機関・金融機関への
証明書の請求・受取り代行・
代行提出

申請では、何度でも足を運びます。
行政への折衝は全てお任せください。

  • 状況に応じ、戸籍抄本・住民票等の行政機関の証明書の請求と受取りの代行
  • 状況に応じ、金融機関への口座確認証明の請求と受取りの代行
  • 年金事務所への書類提出
  • 年金事務所との折衝
  • 請求代理人として請求についての年金事務所等からの問い合わせ、照会に対する対応

サポート料金表

安心の料金体系です!

障害年金の受給ができなかった場合は「支給決定後の料金」はいただいておりません。安心の料金体系です。
「支給決定後料金」は年金が決定した場合のみ、いただいております。
なお、「事務手数料」は年金の支給不支給に関わらず頂戴しております。

内容 金額 摘要
初回面談 無料
事務手数料 20,000円+税 業務委託契約成立時
支給決定後の料金 ①決定年金額の2ヶ月分(加算分を含む)+税 ①~③のうち、高い金額
②遡及された場合は①に加え、
初回年金入金額10%+税
③10万円+税
診断書代 お客様負担
受診状況等証明書代
旅費・交通費・通信費等の
諸費用
事務手数料に含まれる

※事務手数料は年金の支給不支給に関わらず頂戴しております。
※障害年金の受給ができなかった場合は「支給決定後の料金」はいただいておりません。

ご相談の流れ

1.事前準備

障害年金受給の可能性を確認するために、ご予約やご相談の際に以下の点をお伺いいたします。
思い出せない、わからない場合はアドバイスいたしますのでご安心ください。

  • 傷病名
  • 症状(詳しくはご相談時に伺います)
  • 今、通院している病院名
  • 日常生活で困っていること、つらいこと(詳しくはご相談時に伺います)
  • 初診日(傷病について、はじめて診療を受けた日)
  • 初診日の時の年齢
  • 初診日の時に加入していた年金(国民年金・厚生年金・共済年金)

2.予約

お電話かメールにてご相談のご予約をください。
ご面談の日時を決定します。相談は無料です。

TEL 025-526-2216
受付時間 9:00~18:00

3.ご相談

今までの症状や経過、現在の状況などを詳しくお伺いいたします。
ご相談の際は以下のものをご用意ください。見当たらない、わからない場合はアドバイスいたしますので、ご安心ください。

  • 年金手帳
  • 日本年金機構から届いている書類(例えば、「ねんきん定期便」)
  • 診察券
  • お薬手帳(過去のものもあれば、それも含めて)
  • 検査結果通知表(異常が発見された時のもの)
  • 障害者手帳(お持ちの方のみ)
  • ご印鑑(認印)
    ※ご印鑑は委任状(年金相談用)に使用します。

4.年金保険料の納付を確認

ヒアリングした初診日で保険料納付要件を確認します。
委任状を頂戴して、年金事務所で保険料納付記録の確認をいたします。

5.ご契約

ご相談の際に、手続きの進め方、費用についてお伝えいたします。
その上で当事務所にお任せいただける場合は、ご契約という形になります。